設立趣旨書

設立趣旨書

1 設立の趣旨

目的; 市民が行う情報技術の向上に関する活動の支援や、情報技術を応用した生涯教育、情報化を手段としたまちづくりの推進活動等の支援を行い、地域社会の振興等に寄与すること。
理由; 平成13年のIT講習会以後、当会はパソコン講習会を通じて、市民の情報技能の向上を支援してきた。その実績をもとにパソコン相談室も実施して、現在は市民のパソコン応援団として活動している。 今後は、現在の事業を継続拡大しながら、情報技術を使って、地域の利便性や、快適性の向上を図る「町づくり」にも取組んでゆきたい。
事業展開をはかるためには、社会的な信用を得ることが必須であると考えて、一年六ヶ月程前からNPO法人化のための準備をしてきた。今回、その環境が整えられたので設立申請をする。
活動・事業と
その必要性;
(1)情報化社会の振興を図る活動;パソコン講習会・パソコン相談室・IT講演会等
(2)社会教育の推進を図る活動;インターネットセキュリティに関する講習会・講演会など。特に高齢者に注力してゆく。
(3)まちづくりの推進を図る活動;太田市の地域ポータルサイトの運営・地域情報ネットワーク運営等
(4)学術・文化・芸術又はスポーツの振興を図る活動;伝統文化資料保存の支援等
(5)子どもの健全育成を図る活動;パソコン講習会(インターネットセキュリティ・ネチケット主体)
(6)職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動;パソコン講習会・パソコン相談室等
(1)、(2)と(5)は、地域の健全な情報化のために必要であり、(3)は地域の利便性のために必要である。(4)は、まちづくり推進の一環として必要なことであり、(6)は、就職のためには、パソコン操作技能が必須となっているためである。

2 設立申請に至るまでの経過

(1) 平成13年 5月 太田市でIT 講習会が始まり、市民がボランティアとして、講師・アシスタントを務めた。
(2) 平成13年12月 上記ボランティアを主体に、NPO団体 おおたIT市民ネットワーク として発足した。
(3) 平成17年 5月 会の運営を強固にするため、NPO法人化を意識した会則に改定した。
(4) 平成17年 6月 大島会計事務所と、税務・会計に関して「委嘱契約書」を交わした。
(5) 平成17年11月 会則に基づいて規則類の明文化、新規制定等(特に個人情報保護を重視した)を行った。
(6) 平成18年 1月 平成18年度から青色申告をするために、会計事務所が推薦する会計ソフト(TKC)を導入した。
(7) 平成18年 5月 NPO法人設立総会で、設立申請を決定した。

平成18年5月13日
特定非営利活動法人 おおたIT市民ネットワーク
設立代表者 住所又は居所                
群馬県太田市高林西町474番地76
氏 名  堀口 昌彦




サイト名: おおたIT市民ネットワーク   http://www.icon.gr.jp
この記事のURL:   http://www.icon.gr.jp/modules/tinyd0/index.php?id=1